【丹沢】主稜縦走コース1日目|大倉から丹沢ラスボス「蛭ヶ岳」へ

こんにちは、DC山岳部ちか(@dc_mountain)です。

先日12月末の平日に、ずっと歩きたいと思っていた丹沢主稜縦走コースを歩いてきました。大倉から塔ノ岳に登り、丹沢山・蛭ヶ岳・檜洞丸と丹沢核心部を縦走して西丹沢へ下るルートです。

日帰りはかなり厳しいので、蛭ヶ岳山頂にある蛭ヶ岳山荘に泊まり1泊2日で歩きました。丹沢は各山の山頂に山荘があるのでどこに泊まるか迷いましたが、富士山と夜景の景色が見たくて蛭ヶ岳山荘にすることに。

当日は雨予報でかなり降られましたが、途中の稜線上で視界が開けて、雲海に浮かぶ富士山と惚れぼれするような丹沢のラスボス蛭ヶ岳へと続く稜線の素晴らしい景色を見ることができました!!!

今回は、関東近郊の山だとは思えない丹沢屈指の絶景縦走コースをブログで紹介します。

今年の〆にふさわしい山行になりました!

タップできる目次

丹沢主稜縦走コースの概要

丹沢最高峰の蛭ヶ岳
丹沢最高峰の蛭ヶ岳

まずは、今回歩いたコースの概要・アクセス等について紹介します。

今回は、大倉登山口→塔ノ岳→丹沢山→蛭ヶ岳【蛭ヶ岳山荘泊】→檜洞丸→西丹沢の順番で歩きましたが、通常は逆回りで西丹沢から大倉方面に抜ける順番で歩くのが一般的のようです。

ちなみに、蛭ヶ岳は丹沢最高峰だけでなく、神奈川県の中でも一番高い山です。なかなか日帰りが難しいので(かなり健脚でないと厳しい)1泊2日で歩くことをおすすめします。

コースタイム目安【地図】

Ads

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次