メリノウール素材シャツおすすめ5選|登山から普段使いまで大活躍!

メリノウールのシャツ

こんにちは、Mountain DCちか(@dc_mountain)です。

登山でメリノウール素材を着用するようになってから、圧倒的な着心地の良さ、機能性の高さに、すっかりと虜になってしまいました。最近では、登山はもちろん普段の家の中・外でもメリノウールTシャツを着る機会が増えています。

着心地の良さで言えばコットン素材がちまたでは人気があるかと思いますが、登山でコットン素材は水分を吸ってしまい乾きにくく汗びえの原因になりますのでNGとされています。

そこで、登山では速乾性の高い化繊素材が活躍しますが、着心地の良さではコットンには敵いません。

しかし、メリノウール素材であれば、登山で使える機能性の高さにプラスして、着心地の良さでもコットン素材を上回ります!

化繊素材よりも乾きはゆっくりという面はありますが、そこもカバーするような新商品もたくさん出ていますので、最新メリノウールの素材について解説しつつ、おすすめのTシャツ(ベースレイヤー)を紹介します。

タップできる目次

メリノウール素材Tシャツ(ベースレイヤー)の選び方

鳳凰三山の稜線
臭くならないので縦走中に大活躍

早速、メリノウール素材ベースレイヤーの基礎知識について解説します。

メリノウール素材の基礎知識

メリノウール素材ですが、近年ではさまざまなアウトドアブランドから販売されています。そもそも、メリノウールとは高山の生息するメリノ種の羊の毛のみを使ったもので通常のウールよりも細かい繊維であることが特徴。

そのため、ウールのデメリットであるチクチク感を感じにくく、肌触りの良い極上のベースレイヤーを作ることができます。さらに、以下のメリットがあることから、登山に適した素材であると重宝されています。

  1. 一年中快適【夏に涼しく、冬に暖かい】
  2. 吸収性と湿度管理【体が冷えない】
  3. 長時間着用しても臭わない【長期縦走におすすめ!】
  4. お肌にやさしい【紫外線カット】

実際に着用していると、着心地の良さ・機能性の高さを実感しますよ。メリノウール以外着用できなくなるくらい気に入っています!

▼メリノウール素材について詳しくは以下の記事をどうぞ

メリノウール素材の種類

メリノウール素材には、近年さまざまな種類の商品が販売されています。

メリノウールのデメリットは、化繊素材に比べて水分が乾くのがゆっくりであることが挙げられますが、夏に着用する際になどそのデメリットをカバーするために化繊と混合素材(ハイブリット)で作られているものがあります。

  1. メリノウール100%素材
  2. メリノウール・化繊素材のハイブリット(混合)

また、メリノウールの厚みによって使用シーンが分けられますので、購入する際には事前にチェックすることをおすすめします。

  • 【夏山高山におすすめ】薄手タイプ:150 g/m2
  • 【オールシーズン】中厚手タイプオールシーズン:200 g/m2
  • 【冬山におすすめ】厚手タイプ:250~260 g/m2

夏シーズンにはメリノウール100%の場合薄手タイプ150g/m2、または、化繊素材とのハイブリットがおすすめです。

メリノウール素材おすすめTシャツ(ベースレイヤー)

メリノウール素材のベースレイヤー
メリノウール素材のベースレイヤー

では、メリノウール素材のおすすめTシャツ(ベースレイヤー)を特選して紹介します。

アイスブレーカー|icebreaker

個人的に一番気に入っているメリノウールのメーカーです。

ニュージーランド産の質の良いメリノウールのみ使用していますので、一度購入したら一生着れると感じるほど耐久性が高いことが特徴です。お値段はお高いですが、一生ものと考えればお得感があります。

また、非常に繊維が細かいメリノウールのみで作られているので着心地が抜群です。

テックライトTシャツ(メリノウール100%・薄手150g/m2)

【送料無料】icebreaker(アイスブレイカー) 【23春夏】テックライト2 ショートスリーブ IT22311

【送料無料】icebreaker(アイスブレイカー) 【23春夏】テックライト2 ショートスリーブ IT22300

夏シーズンにおすすめ、サラっと着れて気持ちの良い素材感です!

オアシスTシャツ(メリノウール100%・中厚手200g/m2)

【送料無料】icebreaker(アイスブレイカー) 【23春夏】200 オアシス ショートスリーブ IX20221

【送料無料】icebreaker(アイスブレイカー) 【23春夏】200 オアシス ロングスリーブ IX20220

オールシーズン着用可能な万能タイプ!秋・冬登山も暖かく快適です。

パタゴニア|Patagonia

パタゴニアからは、メリノウール素材と化繊の混合ハイブリットタイプのTシャツが人気です。

両方の良いところ取りで、メリノウール素材100%よりも速乾性に優れていることが特徴です。通常のメリノウール素材よりも涼しく、春・夏・秋シーズンにおすすめです。

キャプリーン・クール・メリノ・シリーズ

パタゴニア Patagonia メンズ・キャプリーン・クール・メリノ・シャツ

メリノウール65%/リサイクル・ポリエステル35%です!

フーディニ|HOUDINI

スウェーデンのアウトドアブランドであるフーディニHOUDINIは、登山やキャンプ・スキー等で近年人気が高まり存在感を増しています。

最高の着心地をテーマにしているブランドであり、メリノウールの商品の品質は折り紙付き。ニュージーランドやオーストリア産の質の高いスーパーファインメリノを使用しているところが特徴です。

アクティビスト・ティー|Activist Tee(メリノ・テンセル混合)

【送料無料】HOUDINI(フーディニ) アクティビスト ティー メンズ L bucket blue 237874

メリノウール60%・テンセル40%素材のTシャツ。透湿性と速乾性に優れた天然素材の組み合わせです。

デソリ ミッド クルー|Desoli Mid Crew(メリノ100%)

【送料無料】HOUDINI(フーディニ) デソリ クルー258424

秋・冬シーズンに活躍するメリノウール100%中厚手タイプです!

スマートウール:Smartwool

スマートウールは、メリノウールを使用した靴下・アンダーウェアを中心にラインナップを展開するアメリカのブランドです。

「ウールと言えばちくちくする」のイメージを覆したことで有名です。

スマートウール・ベースレイヤ(メリノ100%薄手)

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

モンベル|Mont-bell

日本発信のリーズナブルなアウトドアブランドで、登山を中心に近年では釣りやキャンプなどにも参入しアウトドアシーンで存在感を集めています。

モンベルは品質の高いものをリーズナブルに提供してくれるユニクロのようなアウトドアブランドで、上で紹介したメリノウール・ブランドが手に届かない…という人はモンベルで試してみるのが良いと思います。

メリノウール85%・ポリエステル15%の混合素材でつくられた「スーパーメリノウール」が主力商品で、薄手・中厚手・厚手があります。公式サイトよりチェックしてみてください。

まとめ:メリノウールは普段使いにも最適!

メリノウールのおすすめTシャツ(ベースレイヤー)をまとめて紹介しました。これからも、ますます人気になる素材だと思いますので、引き続き良いものがあればアップデートします。

私がはじめてメリノウールのベースレイヤーを手に取ったのはニュージーランドで、アイスブレーカーの商品でしたがそれから何度リピートしたことか…。

登山でも普段でも使いたいという人であれば、デザインがシンプルなアイスブレーカーやパタゴニア、フーディニがおすすめです。ぜひ、チェックしてみてください!

Ads

メリノウールのシャツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次