【北アルプス】立山1泊2日テント泊山行|①別山往復コース

こんにちは、Mountain DCちか(@dc_mountain)です。

立山の雷鳥沢キャンプ場をベースに、1泊2日立山テント泊山行を楽しんできました。

到着日くらいテント場でゆっくりすることも考えましたが、翌日もあまり時間は取れません…。そこで、往復であまり時間がかからずに歩けそうな「別山(標高2880m)」まで登ってきました。

別山は、雄山・浄土山に続く立山三山の一つで、山頂は、劔山を望む絶好の展望地です!本当は、立山三山の縦走をしたかったのですが、自粛で体力も落ちているので、無理をせずに個別に登ることにしました。

当日は、雲はありましたが心地よい気候の登山日和。雷鳥沢キャンプ場に11時すぎに到着したので、テントを張ってすぐに別山に登りに行きました!

今回のブログでは、雷鳥沢1日目の別山登山について書いていきます。

目次

雷鳥沢から別山日帰りコース概要

上の地図は、少し出発地点がずれてしまっていますが、以下、雷鳥沢キャンプ場から別山往復ルートの詳細です。

コースタイム目安(当日のログ)

雷鳥沢から別山山頂までの往復コースタイムは4時間30分です。

雷鳥沢キャンプ場に到着してテント設営後、歩き始めたのが11:40分と遅くなってしまったので、急ぎで登りました。

そのため、コースタイムよりだいぶ巻いて「雷鳥沢キャンプ場」に15時過ぎ頃戻ってこられましたが、高度に慣れていないまま歩き始めてしまったため頭が痛くなりました…(たぶん高山病の症状)

バファリンを飲んだら治りましたが、到着日のスケジュールにはご注意ください。

もう少し余裕を持ったスケジュールを立てた方が良かったです。

  • コース概要:雷鳥沢キャンプ場〜別山往復
  • 公式コースタイム:往復4時間30分(往路:2時間40分/復路:1時間50分)
  • 累積標高差:上り(約743m)下り(約743m)
  • 総距離:約6.3km

雷鳥沢キャンプ場(当日ログ:11:40分発)
↓2時間
別山乗越
↓30分
別山南峰(当日ログ:1320分着)
↓10分
別山北峰
↓10分
別山南峰(当日ログ:1340分発)
↓20分
別山乗越
↓40分
雷鳥沢キャンプ場(当日ログ:1510分着)

▼登山地図(立山・剱エリア)

雷鳥沢キャンプ場の詳細(アクセスなど)

雷鳥沢キャンプ場の詳細は、以下の記事にまとめました。アクセス方法など気になる人は、ぜひチェックしてください。

別山往復日帰りコースを写真で紹介

雷鳥沢キャンプ場から登る、別山往復日帰りコースを写真で紹介します。

雷鳥沢から別山乗越へ

雷鳥沢キャンプ場へは11時頃に到着。

この日は日曜日だったこともあり、立山黒部アルペンルートはやや混雑。予定していたケーブルカーの時間に乗車できず、予定よりもキャンプ場への到着が遅れてしまいました。

雷鳥沢キャンプ場までの下り
雷鳥沢キャンプ場までの下り

急いでテントを設営して、すぐに雷鳥沢から出発!

雷鳥沢キャンプ場テントサイト
雷鳥沢キャンプ場テントサイト

大きな荷物はテントの中に置いて、アタックザックに必要なものだけ入れて背負っていきました。遅くなることも想定して、ヘッドライトも忘れずに。

まずは、キャンプ場から沢の方に下って、橋を渡って登山コースへ。

キャンプ場すぐ下には川が流れる
キャンプ場から沢に下る

いそいそと登り始めて後ろを振り返ると、雷鳥沢のキャンプ場に色とりどりのテントが並んでいました。

雷鳥沢方面の景色
雷鳥沢方面の景色

別山乗越に向かって登っていくにつれて、ゴロゴロとした岩道の険しさが増します。

浮石に足を取られないように、岩を下に落とさないように、注意しながら登ります。

雷鳥坂
険しさを増す雷鳥坂の登山道

別山乗越に到着!別山乗越には、宿泊もできる剣御前小舎と、公共トイレがありました。

別山乗越
別山乗越のトイレ

剱御前小舎では、昼食メニューでカレー・ラーメンなどが食べられるようです(11:00-13:00まで)生ビールの看板も出ていました!

剱御前小屋
剱御前小舎

別山乗越から別山山頂までは絶景!

別山乗越まで登ってくると、雷鳥沢からは見えなかった「剱岳」がどかーんと見えてきます。

憧れの剱岳の展望を楽しみながら、別山の山頂までは絶景の連続です。

別山乗越から剱岳
別山乗越から剱岳が見えた!

別山方面に登るについれて、さらに剱岳の全体像が見えるようになってきました。

剱沢にある剱澤小屋のテント場も発見!

いつか絶対に「剣澤小屋でテント泊して剱岳に登る!」という意志が固まりました。

剱岳と剱澤のテント場
剱岳と剱澤のテント場

そんな景色に見惚れながらも、先を急ぎます。稜線に出ると、風がものすごく強くなりました。

別山へと続く稜線
別山へと続く稜線

順調に稜線を歩き、別山の南峰に到着しました!最高峰は北峰の方ですが、南峰には祠があります。

その昔に剱岳に登れなかった時代(明治時代)には、別山山頂に剱岳遥拝所が置かれていて、立山信仰の参拝者がこの場所から剱岳を拝んでいたこともあるそうです。

別山南峰の祠
別山南峰の祠

続いて、景色の素晴らしい稜線上を歩いて北峰へ。

南峰から北峰へ続く稜線
南峰から北峰へ続く稜線

別山北峰に到着!剱岳をバックに写真を撮ってもらいました♪

別山北峰から望む剱岳
別山北峰から望む剱岳

日本海まで見渡せる絶景を満喫しました。

別山山頂からの景色
日本海まで見渡せる絶景

帰りは、往路と同ルートで、急ぎ足で雷鳥沢キャンプ場に戻りました。

雷鳥沢で乾杯!

無事に雷鳥沢まで戻り、テントで立山地ビールで乾杯!(室堂ターミナルで仕入れました)

雷鳥沢キャンプ場
立山連峰をバックにカンパーイ!

この後、頭が痛くなり大変でしたが、天気に恵まれて素敵な1日になりました!

あと、近くの山荘「ロッジ立山連峰」で温泉にも入りました。温泉の売店にも、普通のビール・日本酒などアルコールの販売ありました。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

まとめ:別山は剱岳のベストビュー!

雷鳥沢キャンプ場宿泊初日は、雷鳥沢から別山まで往復コースを歩いてきました。

別山山頂は、剣沢を挟んで豪快にそびえる「剱岳」がとにかくかっこいい!前回、立山に来た時には景色が悪くて一切見えなかったので、お初にお目にかかりました。

今年はコロナ流行もあり、あまり無茶な登山はしないように心がけていますが、また落ち着いてグループで登れるようになったら「剱岳」にチャレンジしてみたいです。

翌日は立山縦走コースを歩いたので、また次のブログで紹介します。

▼翌日立山縦走コースを歩いたブログ

▼雷鳥沢キャンプ場の最新情報

▼おすすめ関連記事

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる