大型ザック 「カリマー・クーガー」徹底レビュー|重いけど軽い!?

こんにちは、DC山岳部ちか(@dc_mountain)です。

新しく大型ザック「カリマー・クーガー」を購入し、今年の夏は登山・キャンプで大活躍しました。

近年は、さまざまなメーカーからザックが発売され、往来よりも大きく軽量化されたUL(ウルトラライトザック)をはじめ、購入時に何を基準にしたら良いか悩むことが多くなりました。

そんな中で、私が「カリマー・クーガーグレイス55-70」を選んだ理由から、ザックの機能面(ディテール)、山で使って気に入ったポイントまで、詳しくレビューします。

これから大型ザックを購入しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

目次

カリマー ・クーガーの種類

カリマー大型ザック(クーガーグレイス)
クーガーグレイス55-70を購入

まず、カリマー ・クーガーの種類を紹介します。

容量

まず、カリマーのクーガーには、5種類あります。

大型ザックには女性モデルが少ないことが多いですが、カリマーは「クーガークレイス」という名前の女性シリーズも出しています!

  1. cougar(クーガー)45-60L
  2. cougar(クーガー)55-75L
  3. cougar(クーガー)75-95L
  4. cougar grace(クーガーグレイス)45-60L(女性モデル)
  5. cougar grace(クーガーグレイス)55-70L(女性モデル)

このモデルを購入する人は、テント泊縦走(またはソロキャンプなど)で使う人が多いと思いますが、その場合は55-75Lサイズが一番汎用性が高くておすすめです。

もう少し軽量化できる(荷物が少ない)という人は、45-60Lサイズでもテント泊縦走できると思います。

私は、女性なので、クーガーグレイス55-70Lにしました。

一般的に、テント泊縦走するには、およそ50L以上必要と言われています(近年は、装備の軽量・小型化が進み、40L程度のザックを使っている人もいます)

カラー

カラーは、ユニセックスモデル・女性モデルと、若干展開が異なります。

クーガー(ユニセックス)カラー
  • Navy(紺色)
  • Cinder(カーキー色)
  • Chilli(赤色)
クーガーグレイス(女性用)カラー
  • Navy(紺色)
  • Cinder(カーキー色)
  • Wine(濃いピンク色)

どれも、派手なカラーすぎず、少し大人っぽい色味に押さえられています。

▼ユニセックスモデル・クーガーのカラーをチェック

▼女性モデル・クーガーグレイスのカラーをチェック

女性モデルの大型ザックは、色味が限られる場合が多いですが、クーガーグレイスは3種類から選べて嬉しかったです♪

カリマー・クーガーの機能(ディテール)をレビュー

剱岳と剱澤のテント場

続いて、カリマー・クーガーの細かい機能(ディテール)を写真で見ていきましょう。

ザック全体に強度の高い生地を使用

カリマークーガーの一番の特徴は、頑丈なところだと思っています。

生地は、コーデュラナイロンの420ディニール。摩擦に強く、高強度で知られる素材を、ほぼザック全体に使用しています。

生地コーデュラナイロンの420ディニール
コーデュラナイロンの420ディニール

近年ULザックが流行っていますが、軽いザックは生地の耐久性を犠牲にしているので(200ディニール以下を使うこともあります)、岩場などに擦ってしまうと破れてしまうなどのリスクもあります。

そんな中で、目先の流行に乗らず、本質で勝負しているのがカリマー・クーガー。強度があるので、ガンガン使っても安心なところが嬉しいですね。

完全防水ではありませんが、コーデュラナイロンは撥水性にも優れています。

収納力抜群!(拡張性が高い)

カリマー・クーガーは、ザックの容量55-75Lの表記を見て分かる通り、拡張性が高く収納力が抜群です。

まず、ポケットがかなり多いです。

大きな雨蓋。いつも、化粧ポーチ・衛生用品などを収納していますが、スカスカ(笑)

500mlのペットボトル3本くらい入りますね。

雨蓋の裏側にはメッシュ素材の収納あり。モバイルバッテーリ・コード類などを入れています。

カリマー・クーガー
雨蓋の裏のメッシュポッケ

そしてヒップベルトにもビッグなポッケが…。

近年の大きなスマホもすっぽり収納できて、さらにお財布なども入れられるので、サコッシュいらない?って感じです。

カリマー・クーガーのディテール
大きなポッケが左右2つも

ドリンク入れは、メッシュではありませんが、背負ったままでも取り出しやすく、落ちにくい構造になっています。

カリマー・クーガードリンク入れ
ドリンク入れ

ザック下層部分は、2気室になっているので、テントなどすぐに取り出したいものを収納するのに便利です。

また、ザックにカラビナなどを引っ掛けて外付けできるデイジーチェーンやストラップも多いので、登山後にお土産などを購入して荷物が増えても収納に困るりません!

デイジーチェーン
デイジーチェーン

私は登山中に外付けでジャラジャラつけるのが好きではないのですが、

キャンプで使う時には、小型テーブルや椅子、ランタンを外付けしたりしています(めちゃくちゃ荷物持ち歩けて便利!)

外付け機能が便利
外付け機能が便利

もっともっと荷物を入れたい!という時には、サイドの隠しジッパーを開けると、マチが現れます(笑)

サイドの隠しジッパー
サイドの隠しジッパー

サイドの隠しポッケに荷物を入れると、細長かったシルエットから、ちょっと太った丸いシルエットに変わります(右側に荷物を詰めてみました)

カリマー・クーガー拡張
右側の隠しポケットのマチが膨らむ

かなり大容量入りますが、今のところ、この隠しジッパーを使わなくても間に合っています。

頑丈なヒップベルト・背面システム

2019年モデルチェンジにより、荷物の重量を効率よく分散し、体全体で支える「背負い心地」がアップデートされました。

一目でわかるのはこの頑丈なヒップベルト、分厚い背面パットはこちら。

頑丈&強力なヒップベルト&パット付き
頑丈&強力なヒップベルト&パット付き

肩だけで背負うのではなく、頑丈なヒップベルト・背面システムのおかげで、荷物の重さが体全体に分散されて「軽く」感じるのです。

なので、何日も縦走するようなハードな登山でも肩が痛くなることがありません。

重い荷物も軽く背負える、それがカリマー・クーガーです!

細長なのに、雨蓋が頭に当たらない!

カリマーのザックは縦長タイプで、アルパイン向けのザックです。

カリマーは縦長タイプのザック
カリマーは縦長タイプのザック

ヨーロッパのブランドは縦長ザックが基本、アメリカのブランドは横広ザックが多いです。ヨーロッパは、高い山に登るアルパインスタイル、アメリカは比較的平らな道を長距離歩くロングトレイルが主流だからです。

自分の山行スタイルから、どちらのタイプがあっているのか一度考えてみると良いですね。

縦長タイプのザックは荷物をたくさん入れると、雨蓋が立ち上がって頭にポンポン当たってしまうことがあります。

特に、ヘルメットを装着している時はなおさら。

それがかなりストレスなのですが、カリマーのクーガーは、ヘルメットをつけた時にも雨蓋が頭に当たらないように事前に設計されています(ヘルメットクリアランスシステム)

これは実際かなり役に立つので、購入の決め手としてもポイント高かったです。

フロントポケットが便利!

カリマー・クーガーには、フロントポケットに濡れたものを雑に入れられて便利です。

フロントポケットも頑丈なナイロン素材で、他メーカーのザックに多いメッシュ素材ではありません。

カリマー・クーガー・フロントポケット
フロントポケットにビールも入っちゃう!

メッシュ素材は収縮性があるので、荷物を入れやすいというメリットはありますが、耐久性は低くてよく穴があきます。

私の日帰り用ザックは、メッシュポケット部分に、見事に穴が空きました(笑)

カリマー・クーガーのようにナイロン素材を採用していれば、アイゼン・ストックなども入りますし、さっと濡れたレインウェアを入れておくのにも便利です。

アイゼン・ピッケルも入る!
アイゼン・ピッケルも入る!

カリマー・クーガーは、ヒップベルト横のポケットなど含め、ザックの外側には一切メッシュ素材を採用していないので、高い耐久性を誇ります!

緊急時のホイッスル付き

チェストベルト部分は、ホイッスルが付いています。

遭難した時など緊急時に、自分の場所を知らせるのに必要な装備です。

どのザックにも基本的にはついていることが多いのですが、意外に「これホイッスルだったの!?」と知らない人が多いので、チェックしてみてくださいね。

背面の長さは調整可能

カリマー・クーガーは背面の長さを簡単に調整できます。

通常のザックであれば、背中の長さでザックのサイズ(S・M・L)などを決めますが、

クーガーは独自のサイズアジャストシステムと搭載、無段階で背面調整できるのでワンサイズで作られています。

しかも背負ったまま、調整の紐を自分で引っ張るだけなので簡単ですよ!

サイズアジャストシステム
背負った状態で、この紐を引っ張るだけで調整可能

サイズを特に気にせず購入できて、購入後、自分の背中の長さに合わせて背面調整できます。

カリマー・クーガーに付属されていないもの

アタックザック

カリマー・クーガーには、残念ながらアタックザックが付属されていません。

しかし拡張性が高いので、ストラップで調整して小さく使うことで、特にアタックザックは必要ないという人もいます。

個人的には、アタックザックは自分で選びたかったので、付いてなくてもOKと思っていました。

▼後日、SEA TO SUMMMITのアタックザックを購入しました。

レインカバー

カリマー・クーガーには、レインカバーが付属されていないので、必要な人は別に購入する必要があります。

上級者になると、レインカバーを使わずに、大きいドライサックで内部の荷物を防水する人もいます。

私はドライサックで防水しつつ、レインカバーの使いたい派です(びしょびしょのザック持って帰りたくない…泣)

他のメーカーのザックだと付属されているところが多いので、この辺りがカリマー・クーガーのデメリットだと思います。

購入の決め手:重さよりも「背負い心地」を重視!

大型ザックはフィット感が大事

カリマー・クーガーは、他メーカのザックと比べても重量があります。

カリマーと同様に背負い心地を重視するメーカーである同モデルと、約300g程度の重量差があります。

スクロールできます
ザック種類重さ
カリマー・クーガー55-75L2,740g
カリマー・クーガーグレイス(女性)55-75L2,550g
グレゴリー・バルトロ 65L2,490g
グレゴリー・ディバ(女性)60L2190g

そのため、購入に迷っている人は「重量」を気にして、どうしようか…と決めかねている人が多いのではないでしょうか。

基準は人それぞれだと思いますが、

私がクーガーを購入しようと思った決め手は、重いはずなのに「背負った時に一番軽く感じたから」です。

登山界で間違えなく人気1位はグレゴリー、カリマーと同様に重量がありますが「背負い心地」が良いことで有名です。

しかし、私が実際に背負ってみた感覚だと、背負い心地ではカリマーの方が勝ってると感じました。

また、グレゴリーは持っている人が多すぎて被ること、色がカリマーの方が好きだったことなどの理由から、私の場合はカリマーに軍配が上がりました!

山で使ってみて、気に入ったポイント

雷鳥沢キャンプ場テントサイト

実際に山で使ってみて気に入ったポイントをレビューします!

重量が増しても、体感する重さは変わらず

荷物を体全体で背負うってこんなに大事なのか…と実感しました。

荷物が重くなるほどに、体感する負荷も増えるのかというと、あまり感じる重さが変わらないことに気づきました。

それもこれも、分厚い背面パットとヒップベルトのおかげ!

頑丈&強力なヒップベルト&パット付き

カリマーのザックは、名前の由来「carry more=(もっと運べる)」をまさに体現するザックで、荷物が重くなるほどに真価を発揮するザックだと改めて感じました。

拡張性が高いから、さまざまなシーンで使える

拡張性が高いと荷物がたくさん入るだけでなく、小さくザックを使いたい時にも便利だと思いました。

日帰り登山でも、ザックのストラップをギュッと閉めれば、日帰りザックと同じように使っても不自然ではありません。

カリマー・ホグロフス ザック
ストラップを締めると小さくなる

飛行機に乗って遠出する時にも、大きすぎるザックは手荷物に入りませんが、ギュッと閉めて小さくすれば大型ザックに見えないので大丈夫です。

ザックの上にもアジャスターが!
ザックの上にもアジャスターが!

私は仕事で地方や海外に行くことも多いので、この拡張性の高さで「大きく」も「小さく」も使えるところが気に入りました。

落ち着いたカラーで使いやすい

テント泊山行は基本的に一人が多いので、ザックを背負っている写真が少なくて申し訳ないのですが…。

秋の涸沢
落ち着いた色味(唯一撮ってもらった写真)

カリマー・クーガーは、落ち着いたカラーが多いので、手持ちのウェアと合わせやすいところも気に入りました。

私はアウター(レインウェアなど)に派手な色を持ってくることが多いので、落ち着いた色味のザックが見つかってかなり助かりました!

特に女性用の大型ザックは、似たカラーしかないので、カーキは珍しくて気に入っています。

まとめ:とても気に入ったので、長く大切に使います!

カリマーの大型ザッククーガーを紹介しました。

大型ザックの中でも、かなり重量がある方ですが「背負い心地」の良さで、重い荷物も軽く感じてしまうザックです。

また、質にこだわった耐久性の高いザックなので、長く使いたい人におすすめです。

私もせっかく奮発して購入したので、これからいろんな山・キャンプに連れて行ってガンガン使い倒したいと思います。

ぜひ、大型ザックを探している人は、候補の一つとしてチェックしてみてください。

カリマー・クーガー55-75(ユニセックス)

Karrimor(カリマー)
¥36,300 (2021/11/23 21:32時点 | Amazon調べ)

カリマークーガーグレイス(女性モデル)

Karrimor(カリマー)
¥36,300 (2021/11/23 21:31時点 | Amazon調べ)

レインカバーも忘れずに!

▼おすすめ関連記事

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる