キャンプ心をくすぐる【焚き火フライパン】ハンドルは現地調達で自作!

こんにちは、Mountain DC ちか(@dc_mountain)です。

お誕生日プレゼントに、友人(しょーぐんさん)からブッシュクラフトの「焚き火フライパン」をプレゼントしてもらいました!

それまでは、いつも登山で使っているアルミ製のフライパンを使っていたのですが、焚き火(直火)に当てたらダメになってしまい(泣)キャンプ専用のクッカーを購入しようと思っていた矢先だったので嬉しかったです。

やはりキャンプ料理には鉄製が合いますよね〜。無骨な見た目もやっぱりかっこいい!

その後、何度かキャンプで使用し(お家でも使っています)、だんだんと油が馴染んで育ってきました!

とても使い勝手の良いフライパンへと成長したので、気になっている人に向けて、焚き火フライパンの魅力、手入れ方法、種類別おすすめを詳しくレビューします。

目次

ブッシュクラフトの焚き火フライパンとは?

目の前がグリーンビューで料理もおいしい!

焚き火フライパンとは、ブッシュクラフト社から販売されている、焚き火調理専門に作られたフライパンです。

ブッシュクラフト社のト「自然にあるものを活用し、自然と一体になって楽しむこと」のコンセプとおり、フライパンのハンドル(取手部分)を現地調達して自作することが一番の特徴です。

ハンドルを現地調達することで荷物を減らせますし(携帯性が高くなります)、またハンドルの長さ調節も自由自在。

焚き火から十分な距離をとれるように持ち手をロングにすることも、手元で調理しやすいようにショートにすることもできます。

出典:ブッシュクラフト公式HPより

木の枝をワイルドに使う「無骨な見た目がかっこいい!」と、キャンプ好き心をくすぐられます。

肝心なフライパン鉄板部分は手入れが必要ですが、「手間」を「遊び」に変えることで、キャンプで楽しく使える人気アイテムです!

キャンプで大活躍【焚き火フライパン】の魅力!

焚き火フライパン
焚き火フライパンと付属の収納袋

では、焚き火フライパンの使い勝手をレビューしていきます!

持ち運びがしやすい!

個人的に、「焚き火フライパン」の一番気に入っているポイントは「持ち運びがしやすいこと」です。

キャンプでは、いろいろ揃えるものがあるので、気づいたら荷物が多くなってしまいがちです。

私たちは夫婦+グループでキャンプしているので、キャンプ場への移動は車ですることが多いのですが、いつかと夢見ているソロキャンプでも活躍するのは間違えありません。

キャンプで鉄製のフライパンが欲しいな〜と考えた時に、まず思いつくのはスキレッだと思いますが、重量がありかさばるのが難点です。

しかし焚き火フライパンは、重さ500gとペットボトル(500ml)たった1本分です。

鉄板も薄っぺらいのでザックの中でもかさばらないですし、ハンドル部分(取手の部分)は現地調達なので、持ち運びにかなり便利なんです〜!

焚き火フライパンを収納
収納袋に入れたらこの大きさ!
ちか

ザックにスルリと収納できるので、どこにでも連れて行けますよ〜!

焚き火料理がおいしくなる!

焚き火料理に強いクッカーの素材は、鉄製またはステンレス製です。

その中でも鉄製は、熱をため込む力が強いので、火力の安定しない焚き火でも料理がしやすいというメリットがあります。

また、無骨な見た目もキャンプ料理をさらに美味しくしてくれる要素の一つ!

焚き火フライパンは、そのワイルドな使い方や見た目から、料理がどれも美味しく見えるという効果があります(笑)

ガーリックシュリンプ(焼くだけ…笑)
ガーリックシュリンプ(焼くだけ…笑)

ツイッターやインスタなどで、キャンプ料理を発信している人にもおすすめですよ♪

手間がかかる分、愛着が湧く!

通常のフライパンであれば、あらかじめハンドル部分は用意されています。

しかし、焚き火フライパンの場合、まずは良い感じの木を拾ってハンドル作りから始めなければなりません(笑)

なので、いざフライパンを使い始める前にも、ちょっと手間がかかりますね。

私たちの場合は、良い感じの木を探すのが面倒なので、針葉樹の薪を削ってハンドルとして付けてしまっています!

焚き火フライパン完成!
焚き火フライパン完成!
ちか

実用性メインなのでちょっとダサいですが、使わなくなったら、そのまま薪として使えるので便利なんですよね〜笑

もしくは、あらかじめ良い感じの木を削ってハンドルを自作して、持ち歩くという手がありますよね!

また、鉄板は使用後に放置するとサビてしまうので、使用後は必ずお手入れが必要です。

手間をかけて鉄板を育ててあげると、使い勝手の良い状態をキープできますので、よりおいしいキャンプ飯が作れます。

だいすけ

俺が育てたフライパンだから愛着湧きまくり!大事に使う!

【焚き火フライパン】ハンドル自作の3ステップ

焚き火フライパンのハンドル自作!
焚き火フライパンのハンドル自作!

ハンドルの自作方法は、以下の3ステップで簡単に完成します!

STEP
ちょうど良さそうな木を削って、サイズを調整する
出典:ブッシュクラフト公式HPより
STEP
ハンドルを差し込む
ブッシュクラフト公式HPより
STEP
付属のネジ(または自作)で固定する
出典:ブッシュクラフト公式HPより

付属のネジは、アンティーク調ヒートンネジが2本付いてきます。

ハンドル自作用にナイフを忘れずに用意!

ハンドルを現地調達して作るために、ナイフは忘れずに持参するようにしましょう。

私たちは、バトニング用にフルタングのモーラナイフを持っているので、これを使っていつも木を削っています。

カーボン素材で刃が黒く加工されていて、かっこよくて気に入っています。

カーボン素材はサビやすいのが特徴、はじめての一本であれば同じモデルのステンレス製がおすすめです!

愛用中のフルタングのモーラナイフ(カーボン素材)

【初心者向き】フルタングのモーラナイフ(ステンレス素材)

【焚き火フライパン】手入れ方法の3ステップ

洗い場

では、焚き火フライパンの手入れ方法を、3ステップで紹介します。けっこう簡単ですよ〜!

焚き火フライパンは、出荷時に工場で焼き入れ済みなので、初回のシーズニングは不要です。購入後はすぐに使い始められます!

STEP
使用後は、植物性のたわしで洗う

使った後は、まず「植物性のたわし」と「水」だけでゴシゴシと洗います。

※洗剤の使用は禁止!
 油分の膜を落としてしまうので、鉄板が錆びやすくなってしまうためです。
※金属たわしも禁止!
 鉄板を傷つけてしまいます(泣)必ず、植物性のたわしで洗いましょう!

STEP
鉄板を火をかけて乾かします

次に、鉄板を火にかけてよく乾かします。

STEP
植物性のオイルを塗ります

最後に、植物性のオイル(オリーブオイルやサラダ油など)をキッチンペーパーなどで満遍なく塗り込み、熱が冷めたら手入れ終了です♪

焚き火フライパンの種類別おすすめ!

焚き火はキャンプの楽しみの一つ!

最後に、焚き火フライパンの種類、付属品のスペックを紹介します。

ブッシュクラフト 焚き火フライパン

スタンダードな型で一番人気!持ち運びしやすく、使い勝手の良いタイプです。

  • ブッシュクラフト たき火フライパン
  • リネン製収納ケース
  • アンティーク調ヒートンねじ×2
  • 直径 約225mm
  • 深さ 約18mm
  • 取っ手差し込み径 約24mm
  • 釘穴径 約8mm&5mm
  • 重量 505g

ブッシュクラフト 焚き火フライパン 深め

焚き火フライパンに深めタイプが発売されました!汁物なども作れるので、より料理のレパートリーが増えますよ。

  • たき火フライパン深め
  • リネン製収納ケース
  • アンティーク調ヒートンねじ×2
  • 直径 約240mm
  • 深さ 約55mm
  • 取っ手差し込み径 約24mm
  • 釘穴径 約8mm&5mm
  • 重量 705g

焚き火フライパンの蓋

アルミ素材の蓋も発売されました!お料理の幅が広がるので、セットで購入がおすすめです。

寸法:約 直径 248mm・高さ 約 20mm・板厚 約 2mm
重量:約 250 g
素材:アルミニウム
適合:たき火フライパン/たき火フライパン深め/たき火フライパンふた付き2.0

ブッシュクラフト 焚き火フライパン2.0

新しくアノダイズド加工が施されたモデルが、蓋付きで販売されました!
焚き火に強い表面加工で、往来モデルよりも錆びにくくなりました。表面加工に抵抗のない人で、手入れが簡単な方が良い人にはおすすめです!

  • ブッシュクラフト たき火フライパン
  • 直径 約230mm
  • 深さ 約20mm
  • 取っ手差し込み径 約22mm
  • 釘穴径 約8mm&4mm
  • 重量 約500g
  • 素材 鉄(アノダイズドコーティング)
  • 付属品:リネン製収納ケース
  • 付属品:鉄製馬蹄釘×2

まとめ:プレゼントにもおすすめです!

私たちは誕生日プレゼントとして焚き火フライパンをゲットしましたが、

キャンプで焚き火調理する専用に作られているだけあり、キャンプ好きの心をくすぐるオシャレさと、使い勝手の良い機能性がそなわったフライパンだと思いました。

人気があるのも納得できましたし、キャンプ好きな人へのプレゼントとしても最適です!

持ち運びもしやすいので、キャンプのジャンル問わず(ソロ・カップル・グループ・ファミリーなど)活躍幅の広いアイテムです。

これからも、大事に使って育てていきたいです!

▼おすすめ関連記事

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる