日帰りで三浦半島【岩礁のみち】ハイキングと名物グルメを満喫!

こんにちは、Mountain DCちかです。

先日12/15日(火)神奈川県の三浦半島で「岩礁のみち」ハイキングコースを歩いてきました。

岩礁のみちは、首都圏自然歩道の愛称で知られる「関東ふれあいの道」の一部で、三浦半島の先端の海岸沿いを歩くコースです。距離は約10kmで3時間程度、ところどころアスレチックな岩場もありましたが、アップダウンの少ないゆるハイキングを楽しめました♪

白波が渦巻く海岸線を間近に見ながら、岩礁を歩く経験はなかなかできることではありません。今まで山ばかり歩いてきましたが、「たまには海を眺めながら歩くハイキングコースも素敵だな…」と思いました。

ハイキング後には、城ヶ崎まで足を伸ばし、三浦名物の海鮮・マグロなどのグルメを堪能しました!

次の週末は、都心から気軽に日帰りできる三浦半島で「ハイキング+グルメ旅」しませんか?

この記事では、三浦半島のお得なアクセス方法や、「岩礁のみち」コースの詳細、グルメ情報を紹介します!「週末どこに行こうか…」と考えている人の参考になれば嬉しいです。

目次

日帰りで楽しむ!三浦半島【岩礁のみち】ハイキング

まずは三浦半島ハイキングの岩礁のみちへのコース概要・アクセス方法を紹介します。

【岩礁のみち】コース概要

岩礁のみちは三浦半島の海岸沿いの岩場を歩く、全長約10.3kmのコースです。距離は長めですが、アップダウンが少ないため、約3時間のコースタイムです。

京浜急行の「三浦海岸駅」前からバスの乗車して「松輪バス停」で降車後、住宅地を通って松輪間口漁港へ向かいます。松輪間口漁港の防波堤を飛び越えると、岩礁のみちハイキングコースの始まりです!

神奈川50景に選ばれた「剱崎」や、「江奈湾」「盗人狩」などの見所を経由して「宮川湾」でゴールとなります。

帰りは「宮川バス停」から「三浦海岸駅」までバスで戻るのが一般的なルートです。

電車・バスのアクセス方法

三浦半島の「岩礁のみち」へは、電車とバスを乗り継いで楽々アクセスできます。このコースには駐車場がありませんので、公共交通機関でアクセスが便利です。

往路は京浜急行で「三浦海岸駅」、駅目の前のバス(剱崎行き)に乗車して「松輪バス停」で降車します。都心からの所要時間は、品川から電車で約1時間20分、バスは約15分です。

京浜急行バスの時刻表はこちら

復路は「宮川バス停」からバスで「三浦海岸駅」まで約25分、その先は往路と同様です。バスの本数は1時間に1本と少ないのでご注意ください。

しかし、せっかくの三浦半島観光なので、そのまま帰るのはもったいない!

まぐろで有名な三崎港や、城ヶ島まで足を伸ばして、グルメや温泉を満喫することをおすすめします!

以下の「きっぷ」を手配するとお得に観光できますよ!私たちは今回は三浦半島1DAYきっぷを利用しましたが、下で詳細を確認の上、お得な方を選んでくださいね。

▼京浜急行の電車指定駅からの往復と、フリー区間の電車・バスが乗車し放題です!

 ▼上の切符に加えて「まんぷくまぐろ券」+「三浦・三崎おもひで券」付き!

岩礁のみちを歩く注意点

海沿いを歩く岩礁のみちだからこそ、以下の点に注意が必要です。

登山ではないので、一般的な登山装備でなくても大丈夫ですが、靴だけは滑りにくいものを選んでください。

あと日陰がほぼ無いので、日焼け対策をお忘れなく!(私はニット帽だったのですっかり焼けました…)

注意事項
  • 満潮時や高波が発生するようなコンディションの時には、一部通れないことがあります。
  • 岩場は滑りやすく危険なので、悪天候時にはハイキングを中止しましょう。
  • 必ず滑りにくい靴を履きましょう。
  • 紫外線が強いので、帽子はツバがあるものをおすすめします(日焼け止めもマスト)

コースガイド:岩礁のみち

岩礁のみちハイキングコースの見所を、写真で紹介していきます。

松輪バス停〜剱崎

松輪バス停で降車したら、目の前には緑まばゆい畑が広がっていました(トイレは無いので三浦海岸駅で済ませておきましょう)

畑には三浦半島の特産品の一つである「三浦大根」が植えられています。海と大根畑の景色ってはじめて…笑

大根畑が広がる

突如として現れた、のどかな風景に驚きながら、道標にしたがってまずは松輪間口漁港まで歩いていきます。

道標の他には、岩礁のみちの略図と見所の説明が書かれた看板がありました。

岩礁のみちの看板が目標

大根畑と住宅地をすり抜けるように歩いていくと、約20分で松輪間口漁港に着きました。

朝早くから漁港で働いている人たちの横を通り、尊敬の眼差しを向けながら、道標の方向に歩いていきます。

松輪間口漁港

漁港の端にある小さな堤防の階段を登って中に入ると、海岸沿いのハイキングコースへと入ります。

まずは美しい海岸を眺め、海の音を聴きながら、静かな浜辺を歩きます。

浜辺を歩く

神奈川の海だとは思えないほど水がきれいです…!

「こんなところもあるんだ〜」とウキウキしました。何度も足を止めて見入ってしまうことでしょう。

透き通った海の水

まずは一つ目のポイントである「剱崎」に到着しました。ここの断崖絶壁の丘の上には灯台があり、神奈川50景にも選ばれた絶景が広がります。

ハイキングコースの見所の一つなので、時間に余裕がある人は、ぜひ剱崎灯台まで上がってみてくださいね!明治時代に建てられて、現在でも使用されている貴重な灯台です。

灯台の下は落石注意区間なので、景色を見終えたら、立ち止まらずに通り過ぎることをおすすめします。

剱崎

剱崎〜江奈湾

剱崎〜江奈湾はまさに岩礁のみち!と呼べるような、海に削られたごつごつとした岩場を歩いていきます。

岩礁のみち

ところどころ橋を渡ったり、岩を飛び移りながら渡る、アスレチックな箇所がありました。

下の写真は橋がかかっているところです。しっかりとした橋でしたが、水位はそこそこありました。

ところどころ橋が

下の写真の場所は、失敗するとズボッと足が海にはまります…(笑)

危険性は感じませんでしたが、満潮や高波時は通れなさそうです。通れない時は、無理をせずに迂回路を歩きましょう。

岩を飛び移りながら渡る

江奈湾目下の岩礁帯に出てきました。なんとも素敵な地形です。この先から、一旦舗装道路を歩くコースへと入っていきます。

岩礁帯

江奈湾〜白浜毘沙門天

江名湾を回り込むように歩いていると、水鳥たちが干潟に集まっていました。

江名湾では、ひき潮の時に海底が広くあらわれるので、いろんな種類のカニやエビ、貝類などが出てくるようです。

民家の横を通ると、三浦大根がいたるところに干してありました。なんだか面白い光景です(笑)

しばらく舗装道路と大根畑を歩いて、白浜毘沙門天を目指します。要所要所で道標があるので、道はわかりやすかったです。

三浦だいこんが干されている

白浜毘沙門天(しらはまびしゃもんてん)に到着しました。

毘沙門天は三浦七福神の一つで、行基の作と伝えられ、「智恵と武勇の守り神」として崇められています。なかなか雰囲気のあるところでした。

白浜毘沙門天

盗人狩〜宮川湾でゴール!

白浜毘沙門天でご利益をいただいたら、いよいよ岩礁のみち最後の見所が待っています!

海岸伝いにアスレチックな道を通ります。こういうの楽しい〜!気に入りました。

アスレチックな道

この先の毘沙門港で、また漁港を回り込むように舗装道路を歩き、また海岸沿いに戻ってきます。

すると、一層深く青い海が目の前に広がり、白波が立つ豪快な様にテンションが上がります。「来てよかったな〜」としみじみ思いました。

ここからぐるっと回り込むと、岩礁のみちハイキングの一番のハイライトと言われている「盗人狩」が現れます。

とても絵になる素敵なところでした〜!

盗人狩
盗人狩

この峠の名前「盗人狩」は、昔に盗賊が追われてこの断崖(高さ30m)で、下の渦巻く海を見ての足がすくんで動けなくなり、あっさり捕まったという伝説から、そのまま「ぬすとがり」と呼ばれているそうですよ。本当にありそうなお話ですよね!

海や風に侵食された地形がダイナミックでした!

ダイナミックな地形

ゴールの宮川湾にはきれいなお手洗いもありました。

宮川港のお手洗い
宮川港のお手洗い

ここからは、舗装道路の坂を上がってバス停まで歩き、岩礁のみちは終了です。

休憩も含めて、コースタイムの3時間かからずに到着しました。お疲れ様でした!

旅の締めくくりは城ヶ島でグルメ!

ハイキングだけで帰るのはもったいない!ということで、「城ヶ島」まで足を伸ばしました。

バスは1時間に1本しかないので要注意です。

私たちは次のバスまで時間があったので、散策がてら歩きながら、途中駅からバスに飛び乗りました。バスを利用せずに城ヶ島まで歩いても、30分程度でアクセスできます。

中村屋で海鮮グルメ

たくさん歩いたのでお腹ペコペコ〜!城ヶ島のバス停近く(城ヶ島灯台目の前)にあった「中村屋」に入りました。目当ては「まぐろてんこ盛り丼」です。このお店は「みさきまぐろきっぷ」でも入れます。

ビールを頼んだら三浦だいこんのお漬物が出てきました!おかわり自由だそうです♪ビールが進みました。

御通しかな?の大根煮物もおいしかあったです。

メインの「まぐろてんこ盛り丼」は文句なしにおいしかったです。まぐろの漬・生・すき身がこれでもかと乗っていて、かなりボリュームがありました。

まぐろの身も分厚くてトロッと新鮮、「また食べに来たいなぁ〜」と思いました!

まぐろてんこもり丼

中村屋
営業時間:11:00-17:00
定休日:不定休
住所:三浦市三崎町城ケ島673
電話番号:090-5776-5490

城ヶ島散策では富士山が!

ごはん後には少し時間があったので、城ヶ島を散策したら、海の向こうに富士山が見えました!

城ヶ島から海に浮かぶ富士山を発見!

城ヶ島をぐるっと周回するハイキングも楽しそうです。城ヶ島からはバスで「三浦海岸駅」へ、京浜急行で都内に戻りました。

まとめ

三浦半島で「岩礁のみち」ハイキングとグルメを堪能する日帰り旅行を満喫しました!

岩礁のみちハイキングコースは、観光の延長線上で楽しめる難易度の低いルートなので、あらゆる人におすすめできます。しかも、都内からのアクセスも良く、三浦半島きっぷを利用すれば格安で観光地巡りできますよ!

今回は予定があって夕方に東京に戻るスケジュールでしたが、丸一日余裕がある人は油壺温泉(みさきまぐろきっぷ利用可能)に入ってから帰るのもおすすめです。

グルメや温泉などもたっぷり楽しみたい人は「みさきまぐろきっぷ」を手配するとお得です!

では、三浦半島のハイキング+グルメ旅、楽しんできてください!私もまた近々行きたいな〜。

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる