【比較】冬の低山で軽アイゼンとチェーンスパイクどっちが使える?

こんにちは、Mountain DCちかです。

そろそろ雪山の季節になってきましたね〜。登山をする人にとって、今年こそ挑戦してみたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。

雪をまとった山の景色は美しいですし、憧れますよね…。

そんなことを言いながら、私は冬は断然スキー派なので、冬の山行はもっぱら近場の低山が中心となります。北アルプスや八ヶ岳など、高山に憧れもありますが、あれこれ手を出すと金銭的に厳しいので…泣く泣くあきらめています。

冬の低山を歩く時に、雪が被ることもあるので軽アイゼンの装備を用意している人は多いかと思いますが、気になる存在なのが”チェーンスパイク”です。

どちらも冬の低山で使うという用途が被っているので、軽アイゼンとチェーンスパイクどっちを購入しよう…と悩んでいる人もいるのでは?

この記事では、そんな悩み解決するために、両者の違いを比較しながらレビューしていきたいと思います。アイゼン・チェーンスパイク購入前に参考にしてください!

目次

登山で軽アイゼン・チェーンスパイクの役割をおさらい

まずは、軽アイゼン・チェーンスパイクの役割をおさらいしましょう。

軽アイゼンとは、一般的に4本〜6本爪のアイゼンのことですが、ほとんどの人が6本爪を選びます

アイゼンは8本爪〜12本爪までありますが、せっかく購入するのであれば、高山の雪山に対応できる12本爪を選ぶのがおすすめです。

石井スポーツの資料を参考に、登る山の標高や難易度から、どのアイゼンを準備するべきかの目安をまとめました(あくまで目安なので、当日の積雪状況やトレイルコンディションにもより変わります)

  • 低山(標高目安1,500m)の初級:奥多摩・丹沢レベル
    6本爪のアイゼン、チェーンスパイク
  • 低山(標高目安1,500m)の中級:雲取山レベル
    6本爪のアイゼン
  • 中山(標高目安:1500-2500m)北八ヶ岳・天狗岳・谷川岳
    10本爪のアイゼン、12本爪のアイゼン
  • 高山(標高目安:2500m〜)赤岳・北アルプスの山々
    12本爪のアイゼン

上記の区分けからわかるように、奥多摩や丹沢などの低山を登るだけであれば、チェーンスパイクでも事足りてしまうということがわかりますね。

高山・低山両方の山にいく人は、だいたい6本爪アイゼンまたはチェーンスパイク、プラスして12本爪アイゼンを持っています。自分の登る山コンディションを目安に、どのアイゼン・チェーンスパイクを持っていくか決めていきます。

軽アイゼンとチェーンスパイクの違い

では、軽いアイゼンとチェーンスパイクの違いはどのようなものでしょうか?比較しながらメリット・デメリットを見ていきましょう。

軽アイゼンの特徴

軽アイゼンの特徴は、靴の裏の爪が大きく、土踏まずの辺りにまとまって付いていることです。

軽アイゼン

爪が大きいので、深雪ややわらかい雪にも刺さりやすく、新雪が降った後にも使えるというメリットがあります。

しかし靴の裏の一部にした爪がついていないので、斜面に常に足をフラットに置かなければならず、慣れていないと歩きにくいというデメリットがあります。

また、装着はベルトで固定するのでホールド感がありますが、その分、着脱に時間がかかり面倒に感じられます。

チェーンスパイクの特徴

チェーンスパイクの特徴は、足の爪は小さいですが、足裏の広範囲にたくさんスパイクがついています。アイゼンのように独特な歩き方をしなくても、普段どおりの感覚で歩けます。

チェーンスパイクの足裏

爪が小さいので、深雪・新雪では対応しきれないというデメリットがありますが、積雪の少ない硬めの雪道やカチカチに凍った岩場などではチェーンスパイクの方が使いやすいです。

また元々は平地を歩くように作られているので、急斜面が続くような登山には不向きです。ゴムで固定されているので、負荷がかかると引っ張られて不安定になります。ただし、ある程度の斜面であればチェーンスパイクで対応可能です。

装着はゴムを伸ばして靴にかぶせて履くタイプなので、靴下を履くように数秒で装着できます。何度も着脱が必要となる場面では非常に便利です。

冬の低山ではチェーンスパイクの利用頻度が高い!

冬の低山登山では、圧倒的にチェーンスパイクの方が利用頻度が高いです。

両方持っている人は、購入したけど一度も軽アイゼン利用していない…という声が非常に多いです。その理由を見ていきましょう。

冬の低山では降雪が多くないから

いくら積雪期の登山といえど、近郊の低山を登るくらいであれば登山口から山頂まで、ずっと登山道が雪で埋まっていることは少ないです。

冬の低山では、アイスバーンになっている岩場や、踏み固められた雪道を通過する機会の方が多いです。

そのような場面では、チェーンスパイクであれば爪が小さく歩きやすいので、使いやすいというところが大きなメリットです。

着脱の頻度が高い

冬の低山では、アイゼン・チェーンスパイクの着脱の頻度が高くなります。

特にアイゼンは、雪のない登山道、岩場、木道などでは利用できず、そのような場面では一度外さなければなりません。そして雪が出てきた時にまた装着する…というのが面倒で、雪があるところでもギリギリまで我慢して付けなかったということになりかねません。

その点、チェーンスパイクであれば、岩場は付けっぱなしで大丈夫ですし、雪のない登山道・木道で外すのも簡単ですむしろ歩きながら外せる!というくらい楽ちんです。

お守りがわりにザックに忍ばせる

冬の低山では、降雪はなさそうだけど念のため…とお守りがわりにアイゼン・チェーンスパイクをザックに忍ばせておく機会が多くなります。

そんな時には、持ち運びのしやすいチェーンアイゼンの方がおすすめです。チェーンスパイクの方が軽くてコンパクトになるので、持ち運びにかさばらないというメリットがあります。

またどんな靴にもフィットする、汎用性の高さもポイントです。友人への貸し借りもしやすいですね。

負荷が少ない

低山でもアプローチが長くて、斜度のある山はありますよね。ただ、そのような山を登る時でも、雪さえ多くなければ、ずっとアイゼンを利用するわけでばありませんので、負荷は少なくなります。

チェーンスパイクのデメリットは、深雪と急斜面です

しかし、そのような積雪状況でハードな山を登る時には、チェーンスパイクは向きませんの。雪山想定で山に登る場合には、どちらかと言うと「12本爪のアイゼン」を用意した方が良いと思います。

雪山想定であれば12本爪を!

あらかじめ雪が多いところを歩きたい!と想定しているような場合には、12本爪のアイゼンを準備することをおすすめします。

6本爪のアイゼンだと、前爪がついていない簡易タイプなので、森林限界を超えた硬い雪の斜面や、低山でも凍結した岩場などでは対応できないからです。

12本爪のアイゼン

しっかりと足裏全体に爪がついている、10本爪以上のアイゼンが必要ですが、より汎用性の高い12本爪のアイゼンをおすすめします。

しかし、このようなアイゼンを利用する場合には、靴との相性が重要になりますので、必ず登山用品店にて店員さんに相談しながら購入しましょう!

まとめ

冬の低山利用時における、軽アイゼンとチェーンスパイクの違い、使いやすさについてまとめました。いろいろな意見はあると思いますが、他の登山仲間の中でもチェーンスパイクの人気は高いです。

私の中での結論は、初めて購入するのであれば、汎用性の高い「チェーンスパイク」がおすすめ!しかし、深雪・新雪には対応できない部分もありますので注意が必要です。

もし完全に雪山想定で、チェーンスパイクだけでは機能に不安を感じるような山に登る時が来たら、12本爪のアイゼン」を買い足すことをおすすめします。

チェーンスパイクは最新ブラックダイアモンドのアクセススパイクが一押しです!

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる