【東北】紅葉シーズンの月山を写真で紹介!リフト利用で日帰り登山

こんにちは、Mountain DCちかです!

2020年10月7日(水)初の東北登山「月山」を楽しんできました!私の職場の友人が、コロナのゴタゴタで結婚することになり、今年の8月から山形に嫁ぐことになりました。

仲良くしてくれていた唯一の同年代の女性で、職場からいなくなる寂しさを感じる反面、山形と言えば…月山に鳥海山…素敵なお山があるな…と心が騒つかずにはいられません…。

ついに10月になった紅葉のシーズンを見計って、友人と一緒に3人で登ってきました。初めての「月山」は、友人に久しぶりに逢える喜びも合わさって、とても印象深い山行になりました。

また、今年に限ってはGo toキャンペーンを利用したので、宿代がとんでもなく安くなりました…。こんな機会、なかなか無いですよね。

紅葉のピークである月山登山を写真で紹介していきます。

目次

月山の紅葉のベストシーズンは?

月山登山

月山の紅葉シーズンは、月山観光開発機構のホームページによると、例年9月上旬から10月中旬までがピークで、山頂から始まりリフト付近まで徐々に降りてきます。

今年は残暑の影響もあり、紅葉シーズンが少し遅れ気味です。山形新聞にもちょうど私たちが登山した日に「月山、紅葉鮮やか」とニュースがアップされていました。リフト駅周辺の紅葉は、これから約1週間が見頃とのことです。

今回は月山ペアリフトから往復の登山を楽しみましたが、今年のリフトの運行は2020年10月18日(日)までの予定です。

まだぎりぎり間に合いますので、ぜひ足を伸ばしてみてください!

月山ペアリフト利用で日帰り登山【初心者OK!】

月山ペアリフト乗り場・姥沢口からアクセス

今回は姥沢口から月山リフトに乗ってリフト上駅(1505m)へアクセス。そこから月山山頂(1984m)まで登りました。

標高差:約618m
コースタイム:往復で3時間50分(往路2時間10分、復路1時間40分)

登山初心者でも楽しめる、展望の良い素晴らしいコースです。普段全く登山をしない人でも、リフト上駅周辺を散策するだけで十分に楽しめると思います!

東京からの移動手段

東京からJR山形駅までは、東北新幹線つばさで約3時間、そこから私たちは友人に車に迎えにきてもらいました。山形駅から姥沢口駐車場までは、車で約1時間です。

JR山形駅から姥沢口まではバスも運行しているようです。
公共交通機関でアクセスについては、こちらのページがわかりやすいと思います。

参考までに…
私たちは天気の関係で10/8日登山から、到着日7日の登山に急遽変更しました。
東京から始発の新幹線に乗って山形駅に9時ごろ到着、車で移動して、リフトに乗って、なんだかんだ登山口から歩き始めたのがお昼頃でした。
リフトの最終が16:30分なので、ゆっくり登山をしても間に合います。翌日は雨だったので日にち変更して大正解!この時期、雨に降られたら超寒いので、セーフでした…。

紅葉の月山を写真で紹介

東北の紅葉は、写真で見てきれいだったのでずっと憧れていました。実際に月山の登山で見た景色は、写真以上だと思いました!

まず一番鮮やかに色づいていたのは、リフト上駅付近でした。ナナカマドやカエデの紅葉がとてもきれいでした。

月山リフト周辺紅葉
月山リフト上駅周辺の紅葉

1つ目の分岐です。山肌がカラフルに色づいています!ようやく晴れて青空が見えた瞬間に撮りました。

月山紅葉
分岐

午前中はガスが多かったです。月山はガスに囲まれることが多く、別名はガス山とも呼ばれいるんだとか…!

月山紅葉
分岐

分岐から下の道は、歩きやすい木道が続きます。草紅葉もきれい!

月山の草紅葉

ガスが抜けて光が当たるたびに、いろんな色に見える山肌が、おとぎ話の世界に紛れ込んだかのようで幻想的でした。日本じゃないみたい!

月山紅葉
月山へと向かう稜線から

月山の山頂へ続く稜線も、真っ赤に紅葉しています。

月山紅葉
雲の中でも色鮮やかな紅葉

ガスが抜けてくれたので、稜線の紅葉も見ることができました!

月山紅葉
稜線も紅葉

無事に登頂!月山の山頂は残念ながら雲の中でした…。山頂の神社は、すでに9月半ばに神様が降りてしまうそうで、この時期は閉まっていました。

山頂にはレストランが無いので、ランチは用意して行きましょう。私たちは、お湯を沸かしてカップラーメンを食べました。寒かったのですが、体が温まりました!

月山山頂
月山山頂

下山道も絵になる景色がずっと続きました!この景色、実際に見てほしいなぁ。

月山紅葉
絵になる景色が続く

牛首の分岐から上の道を歩くと、こんな景色が待っています。登山道が石畳に整備されているのでとても歩きやすく、展望の良い尾根歩きが続きます。

月山紅葉

リフト乗り場に戻る頃には、すっかり夕方の日差しに。この時期は、日が落ちるのが早いので、最終リフトの時間には注意したいですね。リフトの終了時間は、何度もアナウンスがありました。

月山紅葉
夕日に照らされたリフト乗り場に戻る

まとめ

月山の紅葉はいかがでしたでしょうか?初めての東北登山だったので、こんなにも素晴らしい絶景が待っているとは想像していませんでした。

写真よりも実物の方が何倍も美しいので、ぜひ紅葉のベストシーズンに「月山」行ってみてください!あらゆる人におすすめできる登山コースだと思いました。

月山山頂を目的としなくても、リフト乗り場から牛首の分岐まで、ぐるっと周遊して歩くハイキングも良さそうですよね。あまり登山が得意でない人も、楽しめると思います。

この日は、東京から移動して同日に登山だったので、月山登山後に麓の宿についたらすぐに夕食の時間でした。そして、夕食もとっても美味しかった〜。地元のお料理って最高ですよね。

夕食後は志津温泉に入って、温まってぐっすりと眠りました。その次の日は、雨予報でしたので、山形観光を満喫しました!

次のブログは、山形観光&グルメ編を書きたいと思います。お楽しみに!

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる