ドロミテ屈指の絶景!フネス谷サンタ・マッダレーナ村の滞在を満喫!

こんにちは、Mountain DCちかです。

以前、ヨーロッパ専門の旅行会社に勤めていた時に、他社のパンフレットで良く見るフネス谷の景色に憧れて、直談判して視察に行ったことがありました。

一人で電車とバスを乗り継ぎ、フネス谷のサンタマッダレーナ村に到着した時には「なんだこのど田舎は…」とびっくりしましたが、翌日に外に出てみると、いきなり目の前にガイスラー山塊がどーん!なるほど、これが大手旅行会社がこぞってツアーの旅程に入れ込む訳だ…と納得しました。

ほとんどの旅行会社のツアーでは、移動途中に立ち寄って、小さな教会とガイスラー山塊の景色を写真に撮って立ち去るのですが、なんというか「もったいないな〜」といつも思っていました。

せっかくフネス谷に行ったら、宿泊をしてゆっくりと景色を楽しんでほしいし、なんなら名峰ガイスラー山塊直下を歩けるハイキングコースにも行ってほしい!

この記事では、フネス谷サンタマッダレーナ村の旅を検討している人に向けて、アクセス方法、絶景散策スポット、記事を分けておすすめハイキングの情報をお届けします!私もまたゆっくりと旅をしたいな〜。

目次

フネス谷サンタマッダレーナ村とは…

サンタマッダレーナ協会とガイスラー山塊
サンタマッダレーナ協会とガイスラー山塊

フネス谷のサンタマッダレーナ村とは、北イタリアのドロミテ山塊の最奥にある、小さな谷の村の名前です。オーストリアとの国境に近く、昔はオーストリアの一部でもあったので、南チロルと呼ばれるドイツ語が話されるエリアでもあります。

ドロミテは、北イタリアのドロミテ街道を中心に東西南北に広がる山岳地帯で、2009年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。ハイキングやスキーなど、アウトドアを楽しむことができる素晴らしい山岳リゾートがたくさん存在するのです。

しかし、その広大なドロミテ一部であるフネス谷に関しては、正直、どうしてこんなに小さな谷の村に、日本人の観光客が押し寄せることになったのだろう?と不思議に思うくらい何もないところです。

サンタマッダレーナ村
サンタマッダレーナ村

だからこそ、観光地化されていない素朴な小さな村で、トップの写真のような素晴らしい景色が広がっているというころが、日本人観光客のツボなのでしょう。

大型バスでやってきて写真だけ撮ってさっさと帰っていく日本人観光客たち…。地元の人たちの気持ちを考えたら、なかなか迷惑な話ですよね。ぜひ宿泊してゆっくり楽しんでほしいものです。

フネス谷にはいくつか小さな村が点在しているのですが、実はかの有名なイタリア人登山家ラインホルト・メスナーの出身地でもありますよ!

フネス谷の絶景散策スポットを紹介!

絶景の写真スポット!

フネス谷の写真と言えば、サンタマッダレーナ教会とガイスラー山塊を望むショットで、よく旅行会社のパンフレットで使われています。

絶景の写真スポットまでは、サンタマッダレーナの村からゆっくりと丘の上まで歩いて、約30分程度でアクセスできます。よく個人ブログなどを拝見していると場所がわからなかった…という人が多いので、こっそり教えますね。

まずは、村から歩いてサンタマッダレーナ教会を目指します。ホテルチロルの横を通りながら登っていくとスムーズに到着しますよ。

可愛らしい外観のホテルエーデルワイス
サンタマッダレーナ協会

教会に到着したら、ぜひ中に入ってみてくださいね。その教会の反対側の出口から出て、さらに道路沿いに登っていくと展望スポットに到着します。

フネス谷展望スポット
展望スポットにはベンチがあります!

展望スポットの地図

ビューポイントの地図を貼りましたので、ぜひ頑張って登って、絶景の写真を撮ってくださいね!

フネス谷のおすすめハイキング情報

フネス谷ハイキングマップ

フネス谷には、ハイキングコースがたくさんありますが、その中でも人気の高いガイスラー山塊直下を歩ける大迫力のハイキングを紹介します。

▼フネス谷ハイキングの記事はこちら

アクセス方法

サンタマッダレーナ村(St. Magdalena)へのアクセス方法は、イタリア国鉄の電車でブリクセン駅(Brixen)へ、340番の路線バスに乗り換えて約30分です。

ブリクセン駅までは、大都市だとオーストリアのインスブルックや、イタリアのボルツァーノから列車が出ているので、起点に旅を組み立てると良いですよ!

宿泊ホテル情報

サンタマッダレーナ村は、小さな村なので、宿泊施設が非常に少ないです。おすすめは、バス停から近い「ホテルチロル」または「ホテルエーデルワイス」です。

ホテルエーデルワイスは、小さなホテルなので団体客が宿泊しません。

ホテルチロルは、設備が新しく、日本人も多く宿泊しているので、迷ったらこちらのホテルを選べば間違えありません。

可愛らしい外観のホテルエーデルワイス
可愛らしい外観のホテルエーデルワイス

もし予約が取れなかった場合には、サンタマッダレーナ村一つ手前のサンクトペトロ村(St. Peter)に宿泊をおすすめします!実は、インフォメーションセンターもあり、便利です。

まとめ

これからフネス谷の旅行を検討している人に向けて、フネス谷サンタマッダレーナ村の滞在を楽しむための情報をまとめました。

フネス谷へのアクセスも、ある程度個人旅行に慣れている人であれば、そこまで難しくないのではないかと思います。イタリアの中でもオーストリアに近いドイツ語が話されているエリアなので、比較的バスや公共交通機関の時間は正確ですし、本数も極端に少なくはありません。

フネス谷はただ日帰りで写真を撮るだけではもったいない!ぜひ宿泊してゆっくりとドロミテの秘境フネス谷の滞在を楽しんでくださいね。

google広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる